Globals: Japanese
Hot Topics
FreeBSD Weekly Topics
第4回目は、FreeBSDにインストールしたアプリケーションをつねに最新バージョンで扱うためのノウハウを公開します。FreeBSDユーザ、そして、サーバ管理者必読の一冊。電子版のみでの発売です。
第3回目は、FreeBSD 9.2-RELEASEを安全に運用するためのテクニックである「セキュリティパッチの当て方」を解説します。FreeBSDユーザ、そして、サーバ管理者必読の一冊。電子版のみでの発売です。
第2回目は、デスクトップ環境としてのFreeBSDの構築を解説します。PC-BSDのインストールから設定、さらに、FreeBSD/Mac OS XをXサーバとして開発環境を構築するなど、ワンランク上の活用術を紹介。FreeBSDユーザ、そして、サーバ管理者必読の一冊。電子版のみでの発売です。
第1回目は、インストールから基本設定、サーバとして機能させるための各種デーモンの動かし方など基礎から実用的な情報までをきっちり網羅します。FreeBSDユーザ、そして、サーバ管理者必読の一冊。電子版のみでの発売です。
第4回目は、新しくAMIを作成して一般公開できる仕組みを利用して、ソフトウェアのインストールおよびセットアップ、またはシステム設定の変更などを施したカスタムFreeBSDの作り方と新しいAMIとして公開する方法を解説します。FreeBSDユーザ、そして、サーバ管理者必読の一冊。電子版のみでの発売です。
第3回目は、AWS上のサーバ運用をしていくうえで欠かすことのできない課金の仕組みと効果的な運用方法のヒントについてお届けします。大事なのはパフォーマンスを上げるポイントを知ること。そのためにボトルネックを調べなければいけません。今回はそのノウハウを徹底解説。FreeBSDユーザ、そして、サーバ管理者必読の一冊。電子版のみでの発売です。
第2回目は、実際にAWS EC2上にFreeBSDのインスタンスを作成し、サーバを起動するための手順を基礎から解説します。AMI Linux以外でAWSを使いたい方、ぜひご覧ください。FreeBSDユーザ、そして、サーバ管理者必読の一冊。電子版のみでの発売です。
今回は、クラウド上でのFreeBSDの使い方の基礎知識として、仮想化技術のおさらいと、Amazon EC2でのFreeBSD構築の基本を紹介します。FreeBSDユーザ、そして、サーバ管理者必読の一冊。電子版のみでの発売です。
第1弾となる今回は、カーネルモジュールとは何か、基礎的な部分を、実際のソースコードを見ながら解説します。まずはこれを読んでカーネルモジュールの全体像をイメージしてみてください。FreeBSDユーザ、そして、サーバ管理者必読の一冊。電子版のみでの発売です。
今回は、/dev/nullを題材に取り上げ、仕組みや動き、記述の意味について細かく解説していきます。これを読めばカーネルモジュールの具体的な構造が理解できます。FreeBSDユーザ、そして、サーバ管理者必読の一冊。電子版のみでの発売です。
第3弾となる今回は,実際にカーネルモジュールを開発してみます。世界時計を題材に,ソースコードの意味,プログラムの動きを丁寧に解説し,カーネルモジュールの理解を深めます。FreeBSDユーザ,そして,サーバ管理者必読の一冊。電子版のみでの発売です。
第4弾となる今回は,前回に引き続き実際にカーネルモジュールを開発してみます。システム情報を表示するためのモジュールについて,仕組みと開発手順を解説します。FreeBSDユーザ,そして,サーバ管理者必読の一冊。電子版のみでの発売です。
Update
October 31, 2016
Monitor daemon for OMRON UPS (FreeBSD 11.0-RELEASE)
released.
Contact us: info@ongs.co.jp